2017/01/08

ハリネズミの環境で注意すべき点

 

前回ハリネズミがペットにおすすめという記事を書かせていただきました。

では、いざハリネズミさんをおうちに迎える時に何が必要か。

お家=飼育施設の種類はどんなのがいいの?

一般的には三種類くらいがメジャーではないかと思います。
 

例えば【ケージ】
メリット◎風通しが良く、涼しい。脱走しづらい
デメリット×冬場の保温が難しい 底の金網に足を引っ掛ける

こうすれば大丈夫!!
ポイントペットヒーター・保温電球を使ったりカバーをかける
冬場は保温性のある水槽か衣装ケースに変える。底の網は取り外して使う。

おじょこ

例えば【ガラス水槽】
メリット◎ガラス水槽・保温性がある・衣装ケースと比べて観察しやすい
デメリット×フタがないため脱走されやすい・ 重く、管理しにくい
風邪通しが悪く、熱や湿気がこもりやすく不衛生になりがち

こうすれば大丈夫!!
ガラス以外の材質のものを使う。
夏場はケージタイプに引っ越す

おじょこ

例えば【衣装ケース】
メリット◎安価で手に入る・軽いので取扱いやすい
デメリット×風邪通しが悪く、熱や湿気がこもりやすく不衛生になりがち。
ペットヒーターで溶ける恐れがある。

こうすれば大丈夫!!
掃除まめに行う
安価なので買い変えをする。
ヒーター利用時は耐熱温度に気をつける。

おじょこ

いろいろありますね〜。

私は、わからなかったのでペットショップと同じような環境を!
と思い、ガラス水槽を使用しています。
やっぱり見やすいのと、温度調整がしやすい点と、掃除の際は「重い」のが難点です。

可愛いハリちゃんのためですから、試行錯誤して
お世話のしやすい物、さらにハリちゃんが生活しやすい(ストレスのない)ものが必要だと思います。

さて、お家の外側が決まったら中のセッティングです。

床に何を敷いてあげるかで、ハリちゃんが毎日を快適に生活出来るか?
が変わってしまいます。

【牧草 (チモシー) 】
◯安価で手に入る
×歩きづらい・吸収性が悪い・ダニがわきやすい
【ウッドチップ】
◯香りが良い
×アレルギーを発症する恐れがある。吸収性が悪い。
【ペットシーツ】
◯吸収性・消臭効果が高い
×爪をひっかけやすい。
ペットシーツの下に潜ったり破いたりしてあまり床材の意味がない。
シーツ内部の吸収体を食べようとする場合がある。
【新聞紙】
◯安価で手に入る・ちぎったり、敷いたりできる
×消臭効果がなく臭いがきつい。
インクがハリネズミにつく。
【コーンリター】
◯消臭効果が高い。トウモロコシ100%なのでハリネズミが食べても安全。
×オスの生殖器に砂が付き炎症する恐れがある

おじょこ

おすすめは、コーンリターペットシーツです。
うちのはりちゃんはコーンリターがつまっちゃって何回か取らないといけないことがあったのと
値段がやすく、汚れたらすぐに取り替える事ができたのでペットシーツを利用しています。
注意点としては、赤ちゃんのおむつのように吸収ゼリーなどが入っているのは
ハリが引っかかったりして、ハリちゃんに付いていて危険だと思ったので
なるべく、吸収ゼリーなどが入っていなくて、さらに香りのないものを選んでいます。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です