京都初詣の穴場スポット伏見稲荷の参拝時間

 
HAPPYNEWYEARS

ここ数年(昨年から・・・)恒例となりました、新年2日に訪れる初詣
私は京都の「伏見稲荷」に参拝しています。
伏見稲荷といえば、有名なのは千本鳥居ですね。

千本鳥居

何回行っても、真っ赤な鳥居がず〜っと並んでいる景色は圧巻

オススメの参拝時間

伏見稲荷は海外の観光客の方にも人気で、なんと一年の参拝客は近畿地方の中で一番多いそうです。
初詣もかなりの人で賑わいます。
そんななかで、私がおすすめしている参拝時間は

午前7時

「はやいっ!!」と思われるかもしれません。
しかし、7時でもすでに参拝を終わられて駅に向かわれる方もいらっしゃるほどι(´Д`υ)
それより遅いとギューギューの状態で傾斜の厳しい山道を参拝しなければならないのです。

7時であれば、大阪を朝の6時頃に出発すれば、着きますし
さらに私のおすすめポイントがもう一点!!
電車の中から日の出がみれる

電車に揺られながら、ゆっくり登ってくる日の出が!!
なんてラッキー

では、伏見稲荷ってなに??という方に簡単に説明させていただきます。

伏見稲荷=伏見稲荷大社

関西ではよく「お稲荷さん」と呼び、親しまれています。
全国各地にに30,000社あるといわれており、その総本宮が伏見稲荷大社なのです。

伏見稲荷マップ

麓(ふもと)から、約26万坪あると言われている敷地の中に
それぞれ無病息災商売繁盛などさまざまなご利益があるお社はたくさんあります。
本殿は麓(ふもと)にありますので、頂上まで行かなくてもお参りは出来ますが
頂上まで挑戦される方は一ノ峰(上社神蹟)=稲荷山の最高峰(標高233メートル)
を目指して歩いてみてください。

かなりの山道になりますので、山頂を目指す方は
「スニーカー」がオススメですよ。

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です